ラオス株がフロンティア投資の扉を開きます。 『ラオス株ドットコム』では詳細情報がすべて無料。日本一の安さを目指す、口座開設サポートも優良ですよ。


by laos-kabu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ラオス基本情報
為替レート
市況
通信
上場企業(候補含む)
◆ラオス電力発電(EDL)
◆ラオス外商銀行(BCEL)
◆ラオ・テレコム
◆ビアラオ
◆ラオス国営航空

証券会社レポート
ラオス株口座開設
国際送金の方法
証券取引所
関係法
政治・経済
観光
◆税金
◆セクター分析
◆チャート
資源
動画
歴史
投資ファンド
そのほか
不動産
セミナー
フロンティア市場
ニュースマガジン
現地証券レポート
IPO
未分類

最新の記事

新年明けましておめでとうござ..
at 2014-01-01 10:02
3社目のIPO: LAO W..
at 2013-12-31 11:18
第3の証券会社が設立 『ラオ..
at 2013-04-24 06:18
日本初 「WS ミャンマー関..
at 2013-04-12 16:01
上場企業2社の決算が出ています。
at 2013-04-12 02:18
中央銀行が融資残高推移を監視
at 2013-01-08 03:00
中央銀行が融資残高推移を監視
at 2013-01-08 02:58
10月のWTO加盟承認から為..
at 2013-01-08 02:30
新春のお喜びを申し上げます
at 2013-01-01 00:00
ラオス証券取引所 年末年始の休場
at 2012-12-30 12:11
マレーシアのメイバンクが支店..
at 2012-11-12 09:33
ラオス、9月のインフレ率は3..
at 2012-11-06 00:17
野田首相 ワッタイ国際空港の..
at 2012-11-06 00:05
EDL-GEN、通期の純利益..
at 2012-10-11 10:02
ラオス外商銀行(BCEL)年..
at 2012-09-06 01:39
ラオス、WTO加盟は年内に手..
at 2012-09-06 00:36
BCELが上半期配当を実施へ
at 2012-08-21 03:53
上場2社 上半期決算サマリー..
at 2012-08-20 07:49
アデランス タイからラオスへ一部
at 2012-08-20 06:48
ラオス電力発電の資本調達、2..
at 2012-08-06 13:51

カテゴリ:そのほか( 66 )

ラオス株IPO 内外の投資家が楽観的なワケ

いよいよ明日、ラオスの証券取引所の取引がスタートします。ラオス人も、外国人の投資家も、上場後の株価には強気な見方をしています。上がるとみています。

理由は、「一年ごとにクルマの数が倍になっている経済成長の最中だから、企業は儲かるでしょ」というような、ラオスのマクロ的経済の成長視点が多いようです。もちろん全員に聞いたわけではありませんが(笑)。

基本的にこの見かたに賛成。
ですが、わたしとしては、これに3つの点を加えたいところです。

1)上場2社のPERが1ケタ台と低い
2)現在、上場希望中の会社が5社あること
3)ラオビアがかなりの確度で今年中に上場すること

2と3は現地情報です。
1は目論見書に書いてあるとおりです。

ベトナムのホーチミン証券取引所の開設以来、
東南アジアでは10年ぶりのマーケット開設です。
はたして、どうなるのでしょうか。

明日のラオス株ドットコムは、見逃せませんよ!
[PR]
by laos-kabu | 2011-01-10 09:24 | そのほか

「今年10の意外な出来事」 2011年版

今回はラオス株から少し目を転じて、米国の「名物予想」をご紹介します。この予想通りに世界が動いたら、ラオス株はどうなるでしょうか?わたしは世界株高となるので、ラオスをはじめ新興市場には、いい年になると思います。

新年恒例、バイロン・ウィーン氏の「今年10の意外な出来事」の2011年版が発表されました。数ある予想のなかでも、その的中率に定評があることで知られる(10個の予想のうち8、9個は当たるといわれています)同氏の予想。同氏は米証券大手・モルガンスタンレー社のチーフ投資ストラテジストだった1986年から続けられています。同氏は現在、米投資会社ブラックストーン・グループで副会長をつとめていますが、同社の宣伝もかねて、続けておられます。

今年のおどろきの予想は次の通りでした。はたしてどれだけ当たるでしょうか。(英語原文では20個予想されていますので、全部掲載します。翻訳の都合で一部省略した箇所があります)

1-10
(1) 米国でブッシュ減税と失業者手当の延長措置が継続する。全米で雇用は上向く。2011年の実質GDPは5%に達する。貿易と設備投資が伸びる。失業率は9%以下になる。
(2) 連邦政府の財政赤字と国債の増加が国債市場に影響を及ぼし始める。10年債国債(財務省債券)の利回りは、外国人投資家の旺盛な需要のために5%に近づく。企業の発行する社債とのスプレッド(差)が縮小する。
(3) 経済回復のモメンタムが続き、S&P500指数は以前の高値1500ポイントに到達する。しかし通信とユーティリティセクターは足を引っ張る。業績が改善し、株価が割安になるため、金融危機以来はじめて個人投資家が市場に戻る。M&Aが活発になり、市場は強気の至福感で覆われる。
(4) インフレは健全な範囲にとどまるが、世界中の投資家が求めるため、金の価格は1オンス1600ドルに達する。ヘッジファンドは金を空売りするが、金価格は上昇し、彼らの多くが損失に苦しむ。
(5) インフレと過度の成長を懸念する中国が、通貨政策を強める。GDP成長率を10%以下に、そして物価上昇を4-5%以内に抑えるために、人民元の為替レートを利用する。これがきっかけとなり、各国が米ドル単独で外貨準備とする現在のやり方から、中国人民元を含んだ為替バスケットへと替わる動きが加速する。
(6) 後開発国の生活水準が上昇し、農産品と商品の価格が上昇する。とうもろこしが8ドル、小麦が10ドル、大豆が16ドルまで上昇する。
(7) 住宅市況は改善する。売れ残り在庫の水準は高いままだが、供給が少なくなるため。ケースシラー住宅指数は上昇する。
(8) 後開発国の原油需要が高まる一方、供給が増えないため、原油価格は1バレル115ドルをつけるまで上昇する。
(9) アフガンのタリバン作戦が進展せず、カルザイ政権の汚職もたえないことから、オバマ大統領は米軍の撤退を結論する。アフガンは武力を持った部族が支配する国へと戻る。2011年の終わりにかけ米軍の帰国の動きを加速する。進行中のイラクにいる米軍の撤退と合わせて、主要な欧米の軍事プレゼンスが中東で低下する。
(10) 欧州の金融改革はドイツのメルケル首相の主導のもと、進められる。金融危機を経験した欧州国で、緊縮再建財政を実行する国々にはEUとIMFから支援が実施され、欧州の金融不安は昨年より軽度となる。政策は金融市場には心理的にプラスにはらたくが、実際は恒久的な解決ではないため、長期的には懸念材料となる。

 途中ですみません。
↓クリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村


11-20
(11) アフガンとイラクでは事件・紛争が減る一方、パキスタンと北朝鮮をめぐるトラブルは増加する。北朝鮮は韓国に敵対的な攻撃をしかけるが、中国が解決役とはならないことで、国際状況は不安定となる。
(12) 対イランの経済制裁が効きはじめ、アフマディネジャド大統領は金融支援と引き換えに、核開発を遅らせることに合意する。
(13) 米ドルの金利上昇と経済回復により、ドルはユーロと円に対して強く推移する。欧州の金融危機は後退。日本は不況入りを回避する。米国への世界からの投資が復活する。
(14) Sarah Palin氏が次期大統領選挙で候補者に名乗りを上げるが、共和党のほかの勢力から疎まれる。民主党側はオバマ大統領に裏切られたと感じるが、経済が回復するためオバマ政権が継続する可能性が高くなる。
(15) ロシア政府は外国投資を呼び込むため、改善を行なう。核弾頭削減に応じ、同国が法治国家であることをアピール。株式相場は上昇する。
(16) ほとんどの州でマリファナ使用の規制が緩和される。中毒性がないことが広く認められ、一般の見方がいい方向へ変わり、州の法改正へつながる。
(17) 全米のインフラの老朽化が深刻化する。地下鉄が電気や信号故障で数日運転を見合わせることがおきる。大都市では数人が乗車していないと、通行できないような条例ができる。インフラ問題を州単位では解決できないが、連邦政府は支援を断る。
(18) 地方自治体が債券の利払いを停止、債権市場は大混乱に陥る。
(19) 9・11テロの10周年には、きびしい警備などにより、何も事件は起きない。
(20) 環境活動家は活動を続けるものの、米国内で環境問題はそれほど関心の的にならない。厳冬につづき冷夏が訪れる。

参考URL:http://jp.advfn.com/news__45851185.html

 お読みいただき有難うございました。
↓ クリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]
by laos-kabu | 2011-01-04 11:18 | そのほか

レイアウト・カテゴリーを変更しました

ご利用の皆様へ

12月28日午前にレイアウトの変更を行ないました。
トップ画像を設置しました。

またコンテンツのカテゴリーを変更しました。
これまで「上場企業」にラオ電力公社(EDL発電)、ラオ外商銀行、ラオテレコムの記事を収めてきましたが、これを各企業ごとにカテゴリーをつくりました。
[PR]
by laos-kabu | 2010-12-28 11:51 | そのほか

NHKアジア食紀行「コウケンテツが行くラオス」は要チェック

食に関するラオスの現地レポート番組がNHK(BS1)で放送されます。
これは楽しみです。ぜひチェックしましょう!

アジア食紀行「コウケンテツが行くラオス」(前編)

チャンネル:BS1
放送日: 2010年12月29日(水)
放送時間:午後4:00~午後4:50(50分)
ジャンル:ニュース/報道 > 海外・国際
情報/ワイドショー > グルメ・料理
趣味/教育 > 旅・釣り・アウトドア

アジア食紀行「コウケンテツが行くラオス」(前編)
アジア食紀行「コウケンテツが行くラオス」(後編)

イケ面で、料理が上手で、しかも性格がいい!
コウケンテツさん、応援してますよ!
d0187989_11345959.jpg


もういくつ寝るとラオス株スタート…。
↓クリックで応援をよろしくお願いします
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
[PR]
by laos-kabu | 2010-12-27 11:35 | そのほか

ラオスの歌姫の一人 アレクサンドラさん

ラオスの歌姫といえば、この方らしいです。
アレクサンドラ・ブンスアイさん。
この方はラオスに続いて、タイでデビューしていますが、他にもアメリカやフランスで活躍するラオス出身のミュージシャンがいます。主としてラオス人コミュニティーのなかで活躍しているみたいですが、歌唱力は素晴らしいのひとこと。

今回はサンドラさんをお聞き下さい。

you tube で聴く

d0187989_17242168.jpg



アレクサンドラ・ブンスアイ(Alexandra Bounxouei、1987年 - )、ラオスの歌手、ヴァイオリニスト、女優。ブルガリアにラオス国立音楽舞踊大学副学長の父と、同大学のブルガリア人ピアノ講師の母の間に生まれた。2002年に初アルバムを発売、現在ではラオスを代表する歌手になっている。2007年にはタイのテレビドラマで女優デビュー。

wikipediaより
[PR]
by laos-kabu | 2010-12-06 17:28 | そのほか

ラオス株に投資する理由(挨拶)

ラオス株ドットコムをご覧のみなさま!
ようこそこのサイトへおいで下さいました。

私、ますやんと申します。
アジアなど新興株式市場とのつきあいは9年になります。

いまでこそ世界の成長エンジンと称され、
発展の可能性を秘めていると理解されていますが、
ますやんが新興国(ベトナム株)とつきあいはじめた2001年には、
まだまだ「しょせん共産主義だから、信用ならん」と
多くの方はけんもほろろでした。

それからソニーショック、
世界景気のV字回復、
過去最長の景気回復があり、
リーマン、、ドバイショック等がありました。

90年代も世界的にはアジア通貨危機、ITバブルなどいろいろありましたが、
00年代も紆余曲折があったわけです。

そして10年代にはいりました。
やはりこの10年もアジアの世紀でしょう。

なんといってもアジア経済の中心は中国です。
日本を抜いてGDP世界2位になった事実が物語ります。
この10年で、どえらいことが起こるとすれば、
その舞台はまちがいなく中国あるいは周辺国が舞台となります。

中国と陸地で国境を接する国々は全部で 14 あります。
北朝鮮、 ロシア、外蒙古(モンゴル)、カザフスタン、キルギスタン、タジキスタン、アフガニスタン、パキスタン、インド、ネパール、ブータン、ミャンマー、ラオス、ベトナム。海をはさめば、日本、韓国、台湾があります。

このなかでまだ開発がそれほど進んでいない国、
1人あたりのGDPが1000ドル未満の国にチャンスがあります。

たとえ小さい国であろうと、
われわれ株式投資家は、規模にかけるのではなく、変化率にかけるのですから、
マーケットに適度な取引高さえあれば、
小さい国の株式市場でも、いや小さいからこそ、
大きな成長が期待できるのです。

2011年1月に株式取引を開始する予定のラオスに注目する理由は
この点にあります。

ラオス株の取引はわずか2銘柄でスタートするといわれていますが、それでも心配することはありません。2000年7月に取引を開始したベトナム株の場合も2銘柄からのスタートでした。

ラオス株は必要です。
なぜラオスの証券取引所とラオス株が必要かというと、それがあることで外国企業がラオスに投資をしやすくなるからです。

よく炭鉱のカナリアという言い方をしますが、炭鉱に入ったときに有毒ガスが発生していると、いっしょに炭鉱にはいったカナリアに異変がおきます。それで異常を知った炭鉱夫が、無事に帰り、助かるわけです。

株式市場もこれに似たところがあります。外国企業が安い労賃やインフラを求めて新興国に進出するとき、または投資を行なうとき、何か異常を感知しようと思ったら現地の株の動きをみるのがもっとも早いといえます。カナリアがたおれるかわりに企業の株価が暴落&暴落するはずです。

また、こうした新興国というのは法整備がおくれていて、これが外国資本が参入する際のネックになるものですが、株式市場を運営するまでになったということは、外国資本についてかなり法律の整備が進んだことを意味します。

通常の法整備はこんな感じです。

民法の整備→会社法の整備→国営財産の私有化に関する整備→証券発行関連法→証券取引所法→投資家保護法→上場基準、証券会社の設立条件などの策定、、、、、はれてラオス株の取引が開始、、となります。

もともと共産主義で私有財産に関する規定が弱いところで、86年以降の流れをくんで、市場原理の導入をはかるのですから、かなりたくさんの法整備が必要となります。このながれの、総仕上げがじつは株式市場の設立と証券市場の法的な整備なのです。

ラオスではすでに法整備としては、証券会社の設立条件などを残すのみと聞いています。ということは、そこまでの道のりはもう終っているということです。

ラオスは手付かずの膨大な資源が眠っています。それを開発するために豪州の会社などが、積極的に投資しているのですが、これからラオスで開発にたずさわろうという外国企業にとって、関連法がいちおう整っていることは何よりも心強いことです。

こうしたこともあり、証券取引所は、国家の威信をかけた事業となります。往々にしてあることですが、証券市場をはじめた当初は財務省の一部の官僚が、やきもきしながら、なんとか発展させようと奔走するのですが、次第に海外から注目が集るようになると、政府要人には、「なるほど外国都市を呼び込むには、ココが要所なんだな」とわかるようになり、発展を後押しする策をとるようになります。

中国、ベトナム、その他の国で、ふつうにみられてきた流れです。
2009年の経済成長が7%にも達したといわれるラオスで、同じことが起きないとどうしていえるでしょうか?

ラオス株ドットコムが目指すのは、この大きな出来事に参加して、ラオス人とともに利益を手にする機会をみんなでつくりだすということです。

そんなわけで、皆様宜しくお願いします!


ますやん


写真:チャイナタウン(2007)d0187989_054187.jpg
[PR]
by laos-kabu | 2010-10-31 00:54 | そのほか



2011年3月11日の大地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

→親切・格安!ラオス株口座開設

alt

alt

alt

ブログパーツ

検索

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧