ラオス株がフロンティア投資の扉を開きます。 『ラオス株ドットコム』では詳細情報がすべて無料。日本一の安さを目指す、口座開設サポートも優良ですよ。


by laos-kabu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ラオス基本情報
為替レート
市況
通信
上場企業(候補含む)
◆ラオス電力発電(EDL)
◆ラオス外商銀行(BCEL)
◆ラオ・テレコム
◆ビアラオ
◆ラオス国営航空

証券会社レポート
ラオス株口座開設
国際送金の方法
証券取引所
関係法
政治・経済
観光
◆税金
◆セクター分析
◆チャート
資源
動画
歴史
投資ファンド
そのほか
不動産
セミナー
フロンティア市場
ニュースマガジン
現地証券レポート
IPO
未分類

最新の記事

新年明けましておめでとうござ..
at 2014-01-01 10:02
3社目のIPO: LAO W..
at 2013-12-31 11:18
第3の証券会社が設立 『ラオ..
at 2013-04-24 06:18
日本初 「WS ミャンマー関..
at 2013-04-12 16:01
上場企業2社の決算が出ています。
at 2013-04-12 02:18
中央銀行が融資残高推移を監視
at 2013-01-08 03:00
中央銀行が融資残高推移を監視
at 2013-01-08 02:58
10月のWTO加盟承認から為..
at 2013-01-08 02:30
新春のお喜びを申し上げます
at 2013-01-01 00:00
ラオス証券取引所 年末年始の休場
at 2012-12-30 12:11
マレーシアのメイバンクが支店..
at 2012-11-12 09:33
ラオス、9月のインフレ率は3..
at 2012-11-06 00:17
野田首相 ワッタイ国際空港の..
at 2012-11-06 00:05
EDL-GEN、通期の純利益..
at 2012-10-11 10:02
ラオス外商銀行(BCEL)年..
at 2012-09-06 01:39
ラオス、WTO加盟は年内に手..
at 2012-09-06 00:36
BCELが上半期配当を実施へ
at 2012-08-21 03:53
上場2社 上半期決算サマリー..
at 2012-08-20 07:49
アデランス タイからラオスへ一部
at 2012-08-20 06:48
ラオス電力発電の資本調達、2..
at 2012-08-06 13:51

カテゴリ:上場企業(候補含む)( 38 )

3社目のIPO: LAO WORLD PUBLIC COMPANY

3社目のIPO: LAO WORLD PUBLIC COMPANY

12月25日にラオス証券取引所に上場したLAO WORLD PUBLIC COMPANYは、ラオスで3社目のIPOとなりました。もとは「Lao International Trade Exhibition and Convention Center (the “Lao ITECC”)の一部でしたが、それが民営化されるかたちでビジネスとして発足したようです。

同社の業務内容は展示場の会議施設などの貸出で、営業サイトは3拠点(Lao ITECC Building, Vientiane Capital、Pakse Exhibition Center(Champasak province))あります。このほかスーパーマーケット、映画館、ボウリング場、結婚披露宴などの事業も手掛けています。

展示場からボウリング場まで……。幅広いですね。


ランサンのレポートでは2012年通期までのデータしかありませんが、業績をみてみましょう。

売上高推移(単位Kip)
2012  :75,297,132,412
2011 :61,993,684,902
2010 :61,540,051,717

純利益推移(単位Kip)
2012  :17,070,267,390
2011 :13,966,811,926
2010 :16,606,836,064

売上比率は展示場関連が34%、それ以外が66%となっています。


今回売り出されたのは総株数の10%にあたる3,956,100の普通株式。
普通株式の額面は2000Kipに対して、公開価格は10,200 kipとされました。


より詳しい情報は以下のサイトで確認できます。
http://www.lxs.com.la/index.php?option=com_content&view=article&id=155&Itemid=0&lang=en

d0187989_11172568.jpg

(12月25日のIPO記念オープニングの様子)



[PR]
by laos-kabu | 2013-12-31 11:18 | 上場企業(候補含む)

上場企業2社の決算が出ています。

上場企業2社の2012年の決算情報です。


■『ラオス外商銀行(BCEL)』

Please down load at the link: http://www.lsx.com.la/info/disclosure/viewPost.do?lang=en&searchItem2=temp1&searchText2=LA3000010006&pageNo=1&postId=93&searchItem=all&searchText=



Profit after tax: 210,593 million kip

Earning per share: 1,542 kip/share

Dividend 2012: 879 kip/share (before tax)



■『EDL発電』


Please download at the link: http://www.lsx.com.la/info/disclosure/viewPost.do?lang=en&searchItem2=temp1&searchText2=LA3000020005&pageNo=1&postId=92&searchItem=all&searchText=


Profit after tax: 602,469 million kip

Earning per share: 590.08 kip/share

Dividend 2012: Not yet
[PR]
by laos-kabu | 2013-04-12 02:18 | 上場企業(候補含む)

上場2社 上半期決算サマリー/電力は配当予定

上半期の決算内容

◆ラオス外商銀行 (BECL) 
純利益1212億6800万キープ
上半期1株利益 887キープ


◆ラオス電力発電 (EDL-GEN)
純利益1940億900万キープ
上半期1株利益 223キープ


ラオス電力発電の上半期配当予定額170キープ

株主登録日8月22日、配当支払日8月31日
[PR]
by laos-kabu | 2012-08-20 07:49 | 上場企業(候補含む)

業界最大手、ラオセメント工業が上場へ、今年末

ビエンチャンタイムズによると、今年末をめどに、ラオセメント工業(Lao Cement Industry Co., Ltd.,)が同証券取引所に上場する予定である。同社はラオスのセメント会社としては最大手。「ラオセメント工業は、証券取引所への上場意思を表明している数少ない企業のひとつです」(ラオス証券取引所、Dethphouvang Moularat会長兼CEO)

同社の側も否定はしていない。同社の相談役、Somphent Mounthaly氏は6月13日、同社が8カ月の準備を経て、今年末に上場する案を提出したことを認めた。上場時期に関しては、証券取引所も、ラオセメント工業側も詳細を明らかにしていない。

このIPOによりラオセメント工業側が手にする調達資本は5000万ドルとされ、セメントの年間生産能力を100万トンから200万トンへ向上するために使われる。ラオス国内のセメント消費量は経済成長とペースを合わせて、毎年25%で増えている。現在、国内で生産されるセメントは年間70万トンとされる。

現在、ラオス国内にはセメントメーカーが6社あり、合計の年間生産量は150万トン。現在、ラオスの首都ビエンチャンではセメント不足の傾向にあり、セメントの価格も値上がりしている。ただ、国内の不足分は輸入セメントでまかなっている。2015年までに貿易・投資などを自由化し域内経済を一体化する「ASEAN経済共同体」が発足すると、安い輸入セメントとの競争が国内セメント産業を直撃する可能性がある。

ラオセメント工業は、自由競争で生き残るために、コストを下げる努力をしなくてはならない。品不足で高騰する国内セメントの価格を合理化し、なおかつ、外国企業との競争にも備えるだけの生産体制の整備が急務とされる。IPOによる資本調達がその動きを加速することが期待される。

d0187989_2321523.jpg

[PR]
by laos-kabu | 2012-06-18 23:21 | 上場企業(候補含む)

ラオス開発銀行、ベトナム大手銀行とカードで提携

ビエンチャンタイムズによると、ラオス開発銀行は今月18日、ベトナム工商銀行(CTG、Vietnam Joint Stock Commercial Bank for Industry and Trade)と、国際カードサービスに関する提携契約に調印した。これにより、ビザおよびマスターカードをラオス開発銀行のATM端末で利用することが可能になる。また、同銀行が発行するカードを海外で使えるようになる可能性も出てくる。

ラオス開発銀行は近代化を進めている。最近のモバイル携帯銀行サービスや証券子会社の設立に次いで、新しいサービスの導入が期待できる。

この分野で先行するベトナムのCTGは総資産200億ドル、150支店、1000営業拠点をベトナムに持つ大手銀行。今年末までにラオスの首都ビエンチャンに支店1号をかまえる予定だという。
[PR]
by laos-kabu | 2011-11-22 18:48 | 上場企業(候補含む)

ラオ・インドチャイナ・グループ 株式会社化を完了

ランサン証券によると、タピオカ生産の大手、ラオ・インドチャイナ・グループは、有限会社から株式会社への移行が完了したことを記念する式典を、今月11日、ラオス証券取引所で行う。同グループは来年1月の上場を目指し、ランサン証券の協力のもと準備を進めてきた。ラオス証券取引所と覚書を結ぶこの式典は、同社が上場に向けて秒読みに入ったことを示すといえる。

ラオ・インドチャイナ・グループは、キャッサバ生産およびタピオカ生産部門、航空会社やバスなどの予約を代行する旅行代理店部門、そして輸出入の貿易部門からなる。直近の業績では収入の約7割がキャッサバ関連となっていて、旅行代理店部門が約2割である。

ランサン証券によると、2011年の業績予想は売上高が1265億キープ(約12.6億円)、純利益が240億キープ(約2.4億円)となっている。2010年の実績では売上高が770億キープ(約7.7億円)、純利益(税引後純利益)が185億(約1.8億円)だったことを考えると、大きな伸びが予想されるが、このところ同社は積極的な生産拡大を行っており、足元の中国の旺盛な需要と合わせて考えると、それほど大胆な予想ともいえない。

ラオス証券取引所では、ラオス開発銀行(LDB)とラオス電気通信公社(ETL) が年末から来年にかけて上場を予定していると言われている。ラオ・インドチャイナ社と合わせて、来年のマーケットを盛り上げてくれそうだ。
[PR]
by laos-kabu | 2011-11-10 13:46 | 上場企業(候補含む)

年内2社、来年1社上場の見方、ビエンチャン紙

ビエンチャンタイムズによると、ラオス証券取引所には、年内に2社、来年初旬に1社の上場が見込まれているという。今年上場するといわれているのが、ラオステレコムとラオス開発銀行。他方、来年初旬の上場といわれているのがキャッサバ生産のラオ・インドチャイナグループである。

現在上場の2社について、株価は低迷しているものの、銀行株には8月以来の高値をとるなど、持ち直しもみられる。流動性も回復したとはいいがたいが、3か月ぶりに20万株の売買高を記録するなど、やはり人気回復の兆しがみられる。やはり株式市場の売買が活発にならないと、上場する会社としても、いい気はしないもの。ここで延期ということにならないよう、年末にむけて、強気相場の到来を期待したいものである。
[PR]
by laos-kabu | 2011-10-27 21:53 | 上場企業(候補含む)

ラオスELT、IPOを来月に延期

Vientiane Timesよれば、Enterprise of Telecommuni-cation Lao (ETL)が、株式のIPOを来月末に延期することを決定したと報じている。同社によれば、IPOの目論見書の発行を今月中旬から来月末に延期するという。既に同社はラオス証券取引委員会に目論見書発行の申請を行っている。今週にも承認される見通しである。同社は、シンガポールや香港の投資家に対してもIPOの売込みをする予定であるという。

IPO価格は4,300~6,000Kipの間を見込んでいる。また、同社は2,300万株の上場を予定している。政府は、同社の30%の株式を公開させる予定で、1,900万ドルの資金調達を見込んでいる。30%の内訳は、5%が従業員向け、15%が国内投資家、10%が外国投資家の予定である。

同社は、ラオスの主要な通信企業4社の1社であり、国際電話、携帯、固定電話サービスを提供している。同社の携帯電話加入者は96万人で、ラオスの市場の35%を占めている。

ラオスでは、全人口の83%の人々が既に携帯電話に加入している。
[PR]
by laos-kabu | 2011-09-24 20:33 | 上場企業(候補含む)

EDL発電と外商銀行、上半期は増益

KPLによると、ラオス電力発電(EDLGEN)とラオス外商銀行(BCEL)の上半期の業績は、そろって増益となった。

発電の上半期の純利益は前年の205億キープから今年は1885億キープに増加。債務は昨年の2兆4200億キープから今年は1兆4100億キープに減少した。

一方、外商銀行の上半期の純利益は前年の922億キープから今年は1561億キープに増加した。銀行によると、同期の1株当たり純利益は1146キープだという。銀行の通期目標は純利益で2120億キープを見込んでいる。
[PR]
by laos-kabu | 2011-09-05 14:49 | 上場企業(候補含む)

ラオス航空がエアバス社 2機を購入

国営ラオス航空がフランスのエアバス社から新型A320を2機購入する契約に調印した。納期は10月と11月。契約にあたり、7100万ドルの融資はラオス外商銀行が担当、さらにラオス中央銀行も2000万ドル提供する。外商銀行の利息は年利6.5%で、2019年に完済予定。

またラオス航空はラオスベトナム保険とも、新型航空機2機を購入するための契約に調印した。これは142席のタイプで、ビエンチャンとシンガポールの路線に使う予定。

今回のエアバス機の購入は、これまでプロペラ機しか保有してこなかったラオス航空(8機のプロペラ機)には国際路線を拡大するうえで、貴重な戦力となる。

現在、同社が就航しているのは、Vientiane 、Luang Prabang, Xieng Khuang, Oudomxay, Luang Namtha, Bokeo, Savannakhet 、Champassak が国内線、カンボジア、中国、タイ、ベトナムが国際線となっている。
[PR]
by laos-kabu | 2011-08-30 23:27 | 上場企業(候補含む)



2011年3月11日の大地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

→親切・格安!ラオス株口座開設

alt

alt

alt

ブログパーツ

検索

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧