ラオス株がフロンティア投資の扉を開きます。 『ラオス株ドットコム』では詳細情報がすべて無料。日本一の安さを目指す、口座開設サポートも優良ですよ。


by laos-kabu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ラオス基本情報
為替レート
市況
通信
上場企業(候補含む)
◆ラオス電力発電(EDL)
◆ラオス外商銀行(BCEL)
◆ラオ・テレコム
◆ビアラオ
◆ラオス国営航空

証券会社レポート
ラオス株口座開設
国際送金の方法
証券取引所
関係法
政治・経済
観光
◆税金
◆セクター分析
◆チャート
資源
動画
歴史
投資ファンド
そのほか
不動産
セミナー
フロンティア市場
ニュースマガジン
現地証券レポート
IPO
未分類

最新の記事

新年明けましておめでとうござ..
at 2014-01-01 10:02
3社目のIPO: LAO W..
at 2013-12-31 11:18
第3の証券会社が設立 『ラオ..
at 2013-04-24 06:18
日本初 「WS ミャンマー関..
at 2013-04-12 16:01
上場企業2社の決算が出ています。
at 2013-04-12 02:18
中央銀行が融資残高推移を監視
at 2013-01-08 03:00
中央銀行が融資残高推移を監視
at 2013-01-08 02:58
10月のWTO加盟承認から為..
at 2013-01-08 02:30
新春のお喜びを申し上げます
at 2013-01-01 00:00
ラオス証券取引所 年末年始の休場
at 2012-12-30 12:11
マレーシアのメイバンクが支店..
at 2012-11-12 09:33
ラオス、9月のインフレ率は3..
at 2012-11-06 00:17
野田首相 ワッタイ国際空港の..
at 2012-11-06 00:05
EDL-GEN、通期の純利益..
at 2012-10-11 10:02
ラオス外商銀行(BCEL)年..
at 2012-09-06 01:39
ラオス、WTO加盟は年内に手..
at 2012-09-06 00:36
BCELが上半期配当を実施へ
at 2012-08-21 03:53
上場2社 上半期決算サマリー..
at 2012-08-20 07:49
アデランス タイからラオスへ一部
at 2012-08-20 06:48
ラオス電力発電の資本調達、2..
at 2012-08-06 13:51

カテゴリ:ニュースマガジン( 4 )

4月13日号にはキューバも登場、フロンティアニュース 

ラオス株ドットコムを運営するワールドストックJPが、フロンティア市場に注目した金融ニュースマガジン『フロンティアニュース』を創刊しました。もちろんラオス関連ニュースも多数掲載しています。

今週発行された4月13日号は、アジア、中東及び南米のフロンティア市場のニュースに加え、アゼルバイジャン、カザフスタンなどコーカサス地方、中央アジア国、さらにキューバまでも取り上げており、フロンティア投資の話題が豊富な内容となっております。

今回は第4月13日号の目次をご紹介します。

【フロンティアニュース創刊号の目次】
1.チリ、ペルー、コロンビアの統合証券市場、Mila
2.モンゴル株、主要取引銘柄のPER
3.チリ、成長と同時にインフレも
4.アジア開発銀行、ラオスの持続的成長を予想
5.アジア開発銀行、中国本土の経済減速を予想
6.S&P、インドネシア格上げ
7.中国アルミ、ラオス南部の鉱山開発に参画
8.ラオス、ベトナム企業の投資先として1位.
9.メキシコ 2011年の成長予測を4.3%へ引き上げ
10.インドの投資にかげり、資本財生産の失速で
11.ラオス、マイクロファイナンス普及の現場.
12.アジア開発銀行、カンボジアの成長を上方修正
13.カンボジア 『香港置地』の不動産投資3300万ドルを歓迎
14.イラク、産油量が過去10年で最高に
15.イラク、バグダッド市の開発が本格化へ
16.アジア開発銀行、中央アジア5か国を評価、安定成長へ
17.ドバイ、9万戸のマンション建設がキャンセルの危機
18.リビア、カダフィ退陣後を想定「中国・ロシアは負け組」
19.キューバが民主化したら買う株
20.アゼルバイジャン、観光客30%増を見込む
21.アジア開発銀行、アゼルバイジャンの成長見通しを引き上げへ
22.米GS、商品を弱気へ転換 



次号もアナリストが全力で情報を収集して配信します。
どうぞご期待ください!


d0187989_12243912.jpg


【Frontier Newsとは?】
フロンティア市場を中心に、海外メディアが発信する情報を日本語でお読みいただけます。情報ソースはすべて海外メディアとします。

■ニュース対象:
(1)ラオス、カンボジア、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、インド、スリランカ、モンゴル、中国などのアジアフロンティア、およびイラク、エジプト、ナイジェリアなどの中東・アフリカ地域。
(2)東欧、ロシア、南米の地域(今後適宜とりあげていく予定)
(3)経済、金融に重要な情報を及ぼす情報(先進国を含む)
※上記の国が毎回登場するわけではありません。記事の構成はニュースの状況によります。

【発  行】
   ・発行日:毎週水曜日(祝日などによる変更あり)
   ・送信方法:電子メール

※契約期間と無料配信期間:
ご入会してから最初の月末までは無料配信します。翌月から1カ月の課金となります。追加でご購入がない場合、翌月末をもって自動退会となります。途中の解約には一切応じられません。

【購読に必要なもの】
   ・メールアドレス(携帯不可)
   ・PDFファイルリーダー(情報紙はPDFで配信します)

【契約月数】
1カ月以上

【見本】
フロンティアニュース(創刊準備号/見本)

詳細・お申込みはこちらから
http://www.worldstock.jp/cart/5.html

[PR]
by laos-kabu | 2011-04-14 11:35 | ニュースマガジン

今週のフロンティアニュース 目次

今週ももりだくさんの内容で配信しましたフロンティアニュース。皆様に目次だけでもご紹介したいと思います。BRICSはもう古い!大きな変化に賭けるなら、フロンティア投資しかない!


Frontier News (weekly) 2011 / 3 / 30

【目次】
1.エジプト、MSCIから除外か?
2.カンボジア、Chroy Changvar Peninsula開発
3.モンゴル主要銘柄PER
4.エジプト市場再開、8.95%安
5.EDL、ラオス経済の重要な役割に
6.インド資源開発企業、ラオスで投資額増加
7.Chevron、カンボジアに事務所設立
8.米国住宅販売、1960年代以来最低
9.カンボジア、原油上昇が経済に影響
10.モンゴル株、主要取引銘柄のPER
11.フィリピン、中央銀行引締めに
12.エジプト経済の先行き
13.ラオス、中国との経済協力が密接に
14.モンゴル株、主要取引銘柄のPER
15.インドネシア、今道路が必要
16.資金移動、新興国から先進国へ
17.中国銀行、不良債権の減少
18.ランサン証券、ビエンチャンで式典
19.Mongolian Mining Corp、鉄鉱石にも事業分散
20.クレディスイス、アジアに期待
21.アフリカファンドの現状
22.モンゴル株、主要取引銘柄のPER
23.メキシコ、予想以上の成長
24.エジプト市場の回復は続くか?
25.イラク、穀物自給率を100%に、農業投資を歓迎
26.イラク、市内主要道路からのTウォールの撤去
27.ラオス、特別経済区域の開発を促進
28.ラオス、日本の震災への第一弾寄付40億Kipに
29.世界銀行レポート、ラオスの今後は天然資源の活用
30.アフリカ市場に食い込むインド
31.イラク、バグダッド市で150億ドルの住宅開発契約、調印へ

以上

★人気急上昇中!『フロンティアニュース』のお申し込みは下のURLからどうぞ!
ワールドストックJPのHPへ
http://www.worldstock.jp/cart/5.html
[PR]
by laos-kabu | 2011-03-30 17:26 | ニュースマガジン

フロンティアニュース創刊2号、モンゴルのその後は?地震の影響は?

ラオス株ドットコムを運営するワールドストックJPが、フロンティア市場に注目した金融ニュースマガジン『フロンティアニュース』を創刊しました。

創刊2号は記事総数が32本の大ボリューム。最近のニュースだけをピックアップ、わかりやすく解説しています。ラオス、ベトナム、カンボジア、モンゴル、エジプト、イラクなどに加え、東北関東大地震の影響についても記事を掲載しています。

今回は第2号の目次をご紹介します。

【フロンティアニュース第2号の目次】
1.モンゴル、大草原の激動
2.ベトナム、金取扱業者の取締りの恐れ
3.インドネシア、国有企業のIPO縮小見込み
4.ラオス、インドの投資家にとって可能性がある国
5.タイ、世界情勢の圧力で利上げ
6.ラオス、通信セクターの歳入の貢献度増
7.カンボジア、金上昇で購買意欲の喪失
8.ラオス、今年の電力輸入減少の見込み
9.中国-ラオス高速鉄道建設、来月開始
10.BRICs、億万長者の工場に
11.エジプト市場の再開の兆しなし
12.Nam Lik1,2ダム、6カ月の売上1,300万ドル
13.VimpelCom、ラオスの携帯電話市場に参入
14.カンボジア、2010年外国直接投資が半分に
15.ラオス中央銀行、通貨の安定化と低インフレを言及
16.ラオス政府、燃料の補助金を検討
17.円高、投資家は逃避の円買い
18.カンボジア株式市場、取引通貨はリエルが原則か
19.ラオス、地震の日本に対して支援金を
20.日本の事故は原発産業に影を
21.アナリスト、新興国に楽観的
22.日本の地震による損失15兆円
23.ラオス中央銀行、利上げなし
24.ベトナム、ラオスのゴム農園に投資
25.メキシコ、好調な場所
26.中国、83億ドルのアート市場
27.中国BYD、売上15%増の見込み
28.カンボジア株式市場、リエル建ては長い目で見れば正解
29.モンゴルSharyn Gol、株数増加
30.タイ、日本の地震の影響
31.イラク、クルド首都アルビル市が投資魅力のある国、5位に
32.イラク 4番目の携帯会社に" 20億ドルと新技術" を望む

次号もアナリストが全力で情報を収集して配信します。
どうぞご期待ください!


d0187989_12243912.jpg


【Frontier Newsとは?】
フロンティア市場を中心に、海外メディアが発信する情報を日本語でお読みいただけます。情報ソースはすべて海外メディアとします。

■ニュース対象:
(1)ラオス、カンボジア、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、インド、スリランカ、モンゴル、中国などのアジアフロンティア、およびイラク、エジプト、ナイジェリアなどの中東・アフリカ地域。
(2)東欧、ロシア、南米の地域(今後適宜とりあげていく予定)
(3)経済、金融に重要な情報を及ぼす情報(先進国を含む)
※上記の国が毎回登場するわけではありません。記事の構成はニュースの状況によります。

【発  行】
   ・発行日:毎週水曜日(祝日などによる変更あり)
   ・送信方法:電子メール

※契約期間と無料配信期間:
ご入会してから最初の月末までは無料配信します。翌月から1カ月の課金となります。追加でご購入がない場合、翌月末をもって自動退会となります。途中の解約には一切応じられません。

【購読に必要なもの】
   ・メールアドレス(携帯不可)
   ・PDFファイルリーダー(情報紙はPDFで配信します)

【契約月数】
1カ月以上

【見本】
フロンティアニュース(創刊準備号/見本)

詳細・お申込みはこちらから
http://www.worldstock.jp/cart/5.html

[PR]
by laos-kabu | 2011-03-17 10:42 | ニュースマガジン

フロンティアニュース1号を発行!創刊号の記事は40本!

ラオス株ドットコムを運営するワールドストックJPが、フロンティア市場に注目した金融ニュースマガジン『フロンティアニュース』を創刊しました。

記念すべき第1号は、記事総数が40本という大豪華版。カバーしている話題も、ラオス、ベトナム、カンボジア、モンゴル、エジプト、イラクなど、普段お目にかかれない貴重なトピックスがずらりと並びました。

今回は第1号の目次をご紹介します。

【フロンティアニュース創刊号の目次】
1.エジプト、時間稼ぎの市場
2.サウジアラビア、混乱を嫌気して株式下落
3.TOP10ヘッジファンド、280億ドルを稼ぐ
4.ジムロジャーズ、食糧と代替エネルギーに投資
5.タイ、国有資産の売却に
6.ノキア、ベトナムに製造拠点
7.リビア危機でナイジェリアに機会が
8.インドネシア、インフラ不足で港での渋滞
9.ベトナム、長期成長のために苦悩
10.エジプト、非難される証券市場閉鎖
11.モンゴル、初の国債発行の計画
12.S&P、騒動はまだ拡大する
13.カンボジア シアヌークビル港湾公社、高業績予想
14. モンゴル石炭事情
15. カンボジア証券市場、開設に向けて
16.ラオス、通信分野からの税収減少
17.インドネシア中銀、穏健派に
18. モンゴル企業、香港市場のDRで上場か
19. モンゴル、2010年の観光客数10.8%増
20. ヘッジファンド、ポールソン香港で認可取得
21. ベトナム、HSBC今年末以降の回復を予想
22. ラオスTL、2011年売上は7%増見込み
23. 政治リスク指標
24. ラオス、総選挙の候補者発表
25. トルコ、Limakの上場はいい時期か?
26. インドネシアの証券会社、ガルーダIPO損失のカバーが必要
27. ラオスを通過する薬物取引急増
28. 靴メーカー中国から東南アジアへ
29. 初のアルゼンチン株ETFの設定
30. 中東の改革は投資ブームを引起す
31. 中国4大銀行、インフレにも関わらず融資目標維持
32. 新興国、次の利上げ国は?
33. ベトナム企業、ラオスに水力発電所建設
34. ラオスセメント生産のKathing、需要増で石炭不足に
35. 輝きを失うBRICs
36. タイ投資家、ルアンプラバン(ルアンパバーン)に4つ星ホテル計画
37. 日本企業、カンボジアを選択肢に
38. トルコ、原油高騰におびえる
39. イラク国営銀行の貿易銀行が投資ファンドを計画
40. イラク、英国貿易ミッション(クルド人自治区)が実施


次号もアナリストが全力で情報を収集して配信します。
どうぞご期待ください!


d0187989_12243912.jpg


【Frontier Newsとは?】
フロンティア市場を中心に、海外メディアが発信する情報を日本語でお読みいただけます。情報ソースはすべて海外メディアとします。

■ニュース対象:
(1)ラオス、カンボジア、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、インド、スリランカ、モンゴル、中国などのアジアフロンティア、およびイラク、エジプト、ナイジェリアなどの中東・アフリカ地域。
(2)東欧、ロシア、南米の地域(今後適宜とりあげていく予定)
(3)経済、金融に重要な情報を及ぼす情報(先進国を含む)
※上記の国が毎回登場するわけではありません。記事の構成はニュースの状況によります。

【発  行】
   ・発行日:毎週水曜日(祝日などによる変更あり)
   ・送信方法:電子メール

※契約期間と無料配信期間:
ご入会してから最初の月末までは無料配信します。翌月から1カ月の課金となります。追加でご購入がない場合、翌月末をもって自動退会となります。途中の解約には一切応じられません。

【購読に必要なもの】
   ・メールアドレス(携帯不可)
   ・PDFファイルリーダー(情報紙はPDFで配信します)

【契約月数】
1カ月以上

【見本】
フロンティアニュース(創刊準備号/見本)

詳細・お申込みはこちらから
http://www.worldstock.jp/cart/5.html

[PR]
by laos-kabu | 2011-03-10 10:50 | ニュースマガジン



2011年3月11日の大地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

→親切・格安!ラオス株口座開設

alt

alt

alt

ブログパーツ

検索

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧