ラオス株がフロンティア投資の扉を開きます。 『ラオス株ドットコム』では詳細情報がすべて無料。日本一の安さを目指す、口座開設サポートも優良ですよ。


by laos-kabu

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ラオス基本情報
為替レート
市況
通信
上場企業(候補含む)
◆ラオス電力発電(EDL)
◆ラオス外商銀行(BCEL)
◆ラオ・テレコム
◆ビアラオ
◆ラオス国営航空

証券会社レポート
ラオス株口座開設
国際送金の方法
証券取引所
関係法
政治・経済
観光
◆税金
◆セクター分析
◆チャート
資源
動画
歴史
投資ファンド
そのほか
不動産
セミナー
フロンティア市場
ニュースマガジン
現地証券レポート
IPO
未分類

最新の記事

新年明けましておめでとうござ..
at 2014-01-01 10:02
3社目のIPO: LAO W..
at 2013-12-31 11:18
第3の証券会社が設立 『ラオ..
at 2013-04-24 06:18
日本初 「WS ミャンマー関..
at 2013-04-12 16:01
上場企業2社の決算が出ています。
at 2013-04-12 02:18
中央銀行が融資残高推移を監視
at 2013-01-08 03:00
中央銀行が融資残高推移を監視
at 2013-01-08 02:58
10月のWTO加盟承認から為..
at 2013-01-08 02:30
新春のお喜びを申し上げます
at 2013-01-01 00:00
ラオス証券取引所 年末年始の休場
at 2012-12-30 12:11
マレーシアのメイバンクが支店..
at 2012-11-12 09:33
ラオス、9月のインフレ率は3..
at 2012-11-06 00:17
野田首相 ワッタイ国際空港の..
at 2012-11-06 00:05
EDL-GEN、通期の純利益..
at 2012-10-11 10:02
ラオス外商銀行(BCEL)年..
at 2012-09-06 01:39
ラオス、WTO加盟は年内に手..
at 2012-09-06 00:36
BCELが上半期配当を実施へ
at 2012-08-21 03:53
上場2社 上半期決算サマリー..
at 2012-08-20 07:49
アデランス タイからラオスへ一部
at 2012-08-20 06:48
ラオス電力発電の資本調達、2..
at 2012-08-06 13:51

ラオス投資セミナーに参加してきました

本日、ニューオータニで開催されたラオス投資セミナーに行ってきました。

【概要】
主催:国際機関日本アセアンセンター、ラオス計画投資省
後援:駐日ラオス大使館、日本貿易振興機構(JETRO)
会場:ホテルニューオータニ 鳳凰
日時:2011年1月21日(金)午後1時30分から4時00分

●日本アセアンセンター事務総長 大西克邦

●ラオス計画投資大臣 シンラボン・クーパイトゥン
「ラオスの経済発展政策」

●ラオス計画投資省 投資促進副局長 マノトン・ボンサイ
「ラオスの投資環境」

●ラオス首相府経済特区委員会事務局長 プアター・カティア
「ラオスの経済特区政策」

休憩

●ラオス首相府サワンセノ経済特区局 ワカム知事
「サワンセノ経済特区」

●マニー株式会社 取締役兼代表執行役社長 松谷正明
「進出企業体験談」

●外務省南部アジア部南東アジア第一課課長 遠藤和也

(敬称略)


終って……
ラオスが電力投資、鉱業開発に加え、貧困撲滅に重点を置きつつ、外資を利用した発展を進めているということがよく分かるセミナーでした。

とくに記憶に残った言葉をとりあげます。





「LandlockedからRound Linksへ」(大西氏)

「42カ国と特恵国待遇をむすんでおり、ラオスからの輸出には割当量制限も関税もかからない」「WTO加盟に向けて取り組んでいます」「外資100%の進出が可能」(ラオス計画投資大臣 シンラボン・クーパイトゥン氏)

「タイとの国境近くにある、経済特区第1号のサワンセノ特区では、日本の輸出企業用の土地を押さえてあるんです。わたしが発案しました」「事業が利益を生み始めてから2-10年は免税」「法人税は8-10%ときわめて低い水準」「個人所得税は5%のみ」「土地使用権は最長99年で更新もあります」(ラオス首相府サワンセノ経済特区局 ワカム知事)


・ラオス進出メリット
「人件費が日本の40分の1」「停電がベトナムなどに較べてはるかに少ない」「法人税も安い。免税期間も十分」「部品調達はベトナムから陸路だが、まったく問題はない」  
 ラオス進出デメリット
「経理感覚をもつひとがきわめて少ない。教育不足」「ワンストップの事務処理といいながら、役所の担当者によって見解がかわり、領収書も出ないなど、対応に困ってしまう」「人はおだやかだが、叱ると辞める。ほめてのばす必要」「土地使用などは、個人から借用すると、経理感覚がないゆえの値上げ要求からか、トラブルもおきているようだ」(マニー株式会社 松谷氏)


質疑応答
「最近ラオスに証券取引所ができましたが、どんな状況ですか。またこれからも企業が上場するのですか」という質問に、投資計画大臣が回答しました。
「11日に取引を開始しました。現在は2社。国営企業と国営電力会社。今後、資本調達の場所として発達することを期待しています。さらに会社が上場すると期待しています」(シンラボン・クーパイトゥン大臣)


わたしの感想

まず、日本側の参加者。とても良かったのが参加者が本気でラオス進出を考えている企業ばかりで、その数は300人くらいいたこと。また、マニー社のように、東南アジア進出で成功している企業が、やはり目をつけて参加していることもはじめて知りました。

他方、ラオス側のプレゼンテーションがいまひとつ面白くない。言葉の問題もあるんでしょうけど、いきいきとした情報がない。たとえば、首都ビエンチャンがどう変貌しているのか、実際ビルが増え、自動車も毎年2倍に増えているのですが、こうした生きた変化を伝えないと、燃えない。もちろん、輸出企業の誘致にとっては、関係ないことですが、ムードづくりも重要。

あとラオス川の開発が、水力発電と鉱業開発に集中していることが確認できました。鉱業はこれまで200社くらいに開発許可を出しているので、これが経済成長に貢献するでしょう。

貧困撲滅のために、外国投資をていちょうに扱うという姿勢。突然、政策がかわり、外国投資を冷遇する国ではないと確信しました。

ガツガツする国民性ではない。農業で暮らしている人も多く、それほど貧しいという印象はない。これは地方部では、内需拡大と成長のスピードが遅くなる可能性を示唆しているのでは。

全体的にラオス経済の規模が小さく、開発段階が初期にあるため、今後の社会経済的な変化は大きなものが期待できると思いました。

アセアンセンター様、ありがとうございました。
やっぱり、ラオスに投資しようと思いましたよ!
[PR]
by laos-kabu | 2011-01-21 21:08 | そのほか



2011年3月11日の大地震で被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

→親切・格安!ラオス株口座開設

alt

alt

alt

ブログパーツ

検索

以前の記事

2014年 01月
2013年 12月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧